スポンサードリンク

2018年12月21日

悩める幸せ

こんにちは、哲学大好きランプです。

皆さんは悩みごとありますか?

わたしはたくさんあります。

上げればキリがないので一切を割愛しますが、とにかく悩みだらけで悩んでいられないほどです。



しかし、こういう記事にしたということは意味があって記事にしているんですよ。



例えば、悩みが一切なく順調すぎてしまったらどうしますか?

悩まないで淡々と物事が進むんですよ。

わたしなら退屈で仕方ありませんよ。

悩まないで済むのは楽かもしれませんが、頭を使わなくなるのですから。

考えなくて済むとも言い換えられますね。

考えなくて済む...。

これが良い響きに聞こえてしまった人は気をつけましょう。

考えなくて済むのなら当人は不要ということです。

考える必要があるなら当人は必要ということです。

考えを巡らせることが出来るということは、無駄を考えるということでもあります。

一つのことを考えるのであれば、それはすでに出来ている答えをなぞっているだけです。

いくつもの無駄を考えるから新しいアイディアが出てくるわけですからね。

悩み、考えるということは楽しいことなんですよ。わたしにとってはね〜。



この世に不要なものなんてありません。

無駄だと思うことも無駄ではないということを知らなければなりませんし、不要だと思うことにも意味があります。

ひとつの考え方しか出来ない人には不要なものは不要でしかなく、無駄なものは無駄なんです。

考え方を多角的に変えていくと不要なものはなく無駄なものはなくなり、新しく不満も出てきて面倒なことにも直面します。

そこにたどり着くと、更に考えることが必要になり悩むことが必要になります。

悩みがなくなれば幸せだという人がいますが、わたしに言わせれば悩みがなくなれば不幸なんですよ。

考える力があるから楽しみも探せるわけで、それをしなくなれば不幸でしょ?



AIという人工知能さんが人の生活に入り込んできています。

彼らは人が思いもよらない答えを持っています。

人が集められない膨大な情報を得ていることから導き出す答えです。

AIという人工知能さんが人の代わりに考えてくれる世界になったらどうでしょう。

考えなくなる人は増え、幸せだと感じると思われていた状況が、実は不幸の始まりで、人工知能が地球に人が不要だと思えば人を排除し始める。

そんなところかな。

楽を覚えるのは仕方ないのですが、楽による自身が不要になってしまっては本末転倒です。

人がしなければならないことを人工知能さんに任せてしまっては、人の存在理由が無くなります。

そんな時代になった時には、すでに人は考える力が無くなってしまうんでしょうね。

可哀想に。



わたしは無駄という悩みが大好きです。

楽しいからに他ならず、悩んでいる最中が楽しいんですから。



おしまい。
posted by Mr.T at 01:11 | Comment(0) | 裏と表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

持ち物を再確認すると不要なものがけっこうあるもんだ。

こんにちは、ガジェット系全般大好きランプです。
前回の更新からかなりの期間が空いてしまいました。

楽しみにしていた方には本当に申し訳ありませんでした。



いろいろとPC関係周りや利用しているアプリ周りを見回してみると、いつも使うものって決まっているんですよね。

それらをブラッシュアップも兼ねていろいろ見直していました。


さらに、持ち物についてもいろいろと検討していたのですが、やはり使わないものっていつまで経っても使わないし不要なものになっていることがあるんですよ。

そこで持ち物も増えてきていたので利用するものしないものを分けて考えてみました。



1.中途半端な小さなカバン

いつも持ち歩いていたのですが、普段持ち歩くにはちょどいい大きさだと思っていました。

しかしこれにも弱点はあるもので、帰りになにか買い物などしようものならカバンには入り切らず、結局はカバン以外に荷物が増えてしまうということになります。

それが結構な頻度で起きるので、絶妙な大きさに思えたカバンも、実は小さかったということです。

大きいカバンにすると何でもかんでも詰め込んで、結局大きく重くなると思っていたのですが、わたしの性格から必要以上のものは持ち歩かないので、大きいカバンにしても重くはならないんですよ。

結果、帰りに荷物がある程度増えても持ち歩く荷物はカバンだけですむんですね。

あとはカバンの中身を厳選してあげれば済む話ですから。



2.撮影機材

わたしはCG用に映像をよく撮ります。

Youtube用にも動画を撮ります。

そして写真も好きです。

なので撮影機材は外せないんですよ。

これがまたかさばるので厳選したいのですが、良い映像を撮ろうと思うと良い機材ということになって、良い機材というのは重いものが多いということです。

こればかりはどうしようもないと思っていたのですが、思い切って妥協点を設けてしまえば軽くなるなと思いました。

良い映像や良い写真を取るには一眼レフが最適です。

しかし一眼レフとレンズではそれだけで1キロを超えてしまいます。

では一眼レフの代替えはないかと考えたところ、写真に関してはKodaのk Z915があります。

このカメラは色味が好きで写りもそこそこなんですよ。

だから愛用しているのですが、一眼レフのようなボケ味さえ求めなければそれなりに写ってくれます。

一眼の代用にするには荷が重いかもしれませんが、なんとかなるでしょう。

動画に関しては、最近スマホで済まそうと考えています。

明るいところであればそれなりに写ってくれますし、なにより軽い。

動画を編集するにしてもスマホで完結できます。

まぁ、完結できるように素材はパソコンで作り込んでいますけどね。

あとは三脚などになりますが、一眼レフを必要としなくなると大きな三脚も必要ありません。

小さな三脚と、スマホホルダーさえればほぼ完璧です。

システム上クオリティーを求める方向ではありませんが、持ち運びを考えた場合、わたしにとってベターな選択だと思います。



3.財布について

最近はキャッシュレス化を進めていこうとする方向に向かっていますよね。

わたしもSuicaとQUICPayを手に入れて、ほぼほぼキャッシュレス化に対応できようとしています。

それでも100円ショップやディスカウントショップなどでは、未だに現金だけの取扱なところもありますので、少額の現金は持ち歩いています。

おかげで小さな財布のみで過ごすことが多くなっています。

これに関しては言うことないですね。



4.Bluetoothキーボード

パソコンを持ち歩かないのでBluetoothキーボードは必須になります。

それでもパソコンを持ち歩くよりは軽いので苦にはなりませんよね。

使っているのはマイクロソフトのBluetoothキーボードです。

これよりも軽いものは多く出ていますが、うち心地を考えるとこれが今現在のベストだと思います。

ほぼほぼブラインドタッチをしても打ち間違えなく打ち込めるんですよね。

タイムラグの大きいスマホとの組み合わせなので、うち間違えなく打てるこのキーボードはかなりの存在価値があると思っています。

GoogleのIMEは長文を変換すると高確率で正しい変換をしてくれるので、正しい日本語を入力する必要はありますが、全く問題ありませんからね。

こんなもんかな。





実はこれで本当に必要なものは全てなんです。

もっとあるかと思っていたのですが、ハンカチとか目薬とか細かいものを抜かすとこんなものなんですよ。

あと付け加えるとすると、暇つぶしの携帯ゲーム機PSPくらいじゃないかな。

暇がありそうだということが事前にわかっていれば持ち歩きますが、大抵は暇などありませんのでお留守番させることが多いので必要なものには入れておりません。

暇があればこういうふうにブログを書いていると思いますからね。



おしまい。
posted by Mr.T at 09:46 | Comment(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。