スポンサードリンク

2016年11月20日

勘違い野郎が多すぎる!国道・県道はサーキットじゃない。

わたしは毎日車に乗って移動しています。


もちろん車がなければ無いでも問題ないのですが、そのために持ち歩く荷物が重くなるのも機動力が減って問題ありますからね。


毎日乗っているからこそ、気になることがあります。


いつもいつも感じていることがあるんです。


ちょっと広い道路に出ると周囲の車と合わせて走っていれば安全なのに、わざわざ追い抜きする以外のためにスピードを出しすぎている輩がいることです。


それも追い抜き車線も通行車線も関係なく蛇行しながら走っていく車です。


たしかに周りの車より早く走れると気持ちいいかもしれません。


そのために事故を起こす確率が高くなるのも事実ですよね。


対車だけではなく、対バイク、対人に対しても起こりうることです。


きっとそんなことを一切考えないからなのか、よほど自分の腕を信用しているからなのかはわかりませんが、なにかあったらどうしようもなくなるスピードで走っています。






車線変更するにも危険なドライバーがいます。


車線変更をする前に確認しなければならないバックミラーですが、それを車線変更し始めると同時にしか確認しない輩もいます。


よく車線変更をしようとして車の脇に相手の車がいて車線変更をやめてしまう人がいます。


それって後ろの人にも迷惑がかかるしその脇の車にもびっくりさせてしまいます。


そんなので安全に走れると思っている人がいること自体危険じゃないでしょうかねぇ。





スピードに関しても、車線変更にしても気になる車は走っています。


他にも言ったらキリがないくらいに自分勝手な走り方をしている人は大勢います。


事故を減らす努力をするより、ドライバー本人の意識替えを行ったほうが効率良い気がしますけど、いかがでしょう。





わたしはそういった輩が目に付けば近寄りません。


近寄って何も良いことはありませんからね。





嫁からは車を買い換えようということを言われています。


本人が気に入って買ったはずなのに、この変わり様は閉口してしまいます。


理由を訊いたら、「お尻が痛い」とのことです。


懐事情の寒さは続きますよ…。
posted by Mr.T at 12:31 | Comment(0) | 車・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。