スポンサードリンク

2017年03月15日

とても奇妙な出来事。

昨日は今日寝ました。

妙な書き出しですが言葉通りなんです。

要するに日が変わってから遅く寝たってことなんです。

奇妙だと思うことはこんなことではありません。

寝てからの話になるのですが、今息子が風邪をひいてて夜も息苦しそうにしています。

嫁も腰が痛いだの風邪が治らないだの言っております。

ここも奇妙だと思うところではありません。

いつもの日常と変わりありませんね。

寝ているときに息子が咳をして起きてしまいました。

もちろん寝苦しさもあって咳をしたことをきっかけに起きたのでしょう。

嫁もそこで起きました。

息子は喉の調子が良くないので、晩飯はあまり食べなかったようで、夜起きたことでお腹が空いていたからなのか泣き始めます。

咳でのどの調子が良くなく、たぶん痛みが少しあったのでしょう。

食事が喉を通らないのもわかります。

それでも腹が減っている方が勝っているのか、起きてヨーグルトを独り黙々と頬張って平らげました。

まだまだ奇妙だと思える出来事ではないのですが、妙な感覚があったのは感じました。

いつもなら嫁は息子が夜起きているときは、嫁も間違いなく起きています。

でも今回は息子にヨーグルトを渡した後、寝てしまったのです。

普段ならヨーグルトを食べ終わるまで見守ってから息子を寝つかせて、それから自分も寝るはずなのにです。

息子は口の周りをヨーグルトで真っ白にして寝ているわたしの上に乗っかってきました。

お陰で夜着はヨーグルトまみれです。

疲れているわたしも流石に着替えるために起きました。

まだ寝てから30分と経っていません。

息子も20分位行ったり来たりしてましたが、体調が良くないのかすぐに疲れた様子でパタンと布団に倒れ込みました。

そのまま静かに寝入ってました。

なんとなく妙な感じはまだ感じられます。






寝ていても妙な感じだった


気がつけば朝の5時ちょっと前です。

寝ている時間はわずか数時間なのですが、妙に頭は冴えています。

体の疲れは抜けておらず、目は閉じたままです。

でもなぜか頭が冴えているのはわかりました。

今にして思えば妙な話です。

寝ているのに時間がわかっています。

体は大の字になって仰向けです。

目は開けていません。

閉じたままです。

寝ている時間が短いので疲れが抜けていないのもわかります。

でも頭は冴えているのを感じます。

そんな時なんです。

背中が盛り上がるのを感じました。

動いている感覚があったのです。

地震かな?って思いましたが盛り上がりを感じたのはほんの1秒ほどでした。

次の瞬間、下から盛り上がってきたものが体の上に乗っかるような感じで胸の当たりに重さを感じたんです。

息子が起き出してきてイタズラで上にでも乗っかっているのかと思いました。

しかし息子が上に乗っかているのではないというのはすぐにわかりました。

ゴロゴロというのを感じます。

重いので体を動かそうとしたのですが体が動きません。

胸の上に乗って重さを感じるそいつは、わたしの体の自由を縛り付けたかのごとく動きません。

そのうちそいつは大の字になったわたしの右腕の上に移動していきました。

そして右の手のひらの上にそいつの右手が乗ったのを感じました。

その右手、肉球があり、爪があります。

その爪は鋭く尖っているのがわかりました。

その瞬間に気合を入れたら手を握ることができたのですが、そいつの右腕も掴んだ感覚がありました。

紛れもなくネコの手だというのを感じたのです。

体が動かないので右手だけ動かすために集中して気合を入れたことで、体全体を動かすことができるようになりました。

気合を入れるために一瞬だけ声を出したはずです。

でも嫁も息子も起きませんでした。

わたしもそいつが居なくなったことを感じたので、再び眠りに入ろうとしましたよ。

でも気合を入れた直後に寝ることなんてできませんので、目を閉じたまま起きていました。







起きてみるといつもと同じ朝でした


嫁が起きていて、息子は風邪のために起きるのがだるそうに布団に居ました。

わたしが感じた妙な感覚はもうありません。

いつもの日常が始まったと感じましたからね。

アレは一体何だったのでしょうか。

以前も一度、寝ているときに同じような感覚を経験したことがあります。

その時も気合を入れ込んで動かなかった体を動かしました。

こういうことが何度も続くようなら、自分の周りのことを調べてみようと思います。





なお、このブログの今回の記事は事実に基づいて書き上げています。


おしまい。
タグ:奇妙な物語
posted by Mr.T at 02:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: