スポンサードリンク

2017年10月07日

子供の突然の発熱に救急車を呼んで大パニック。

昨日の夜は子供を救急車で運んでもらいました。

朝から微熱があったのですが、いつものことなのであまり心配していませんでした。

そして夜、突然40度まで熱が上がってしまいました。

見た目的には熱で顔が赤いだけで、他はいつもとまったく変わりません。

ですが、さすがに高熱過ぎますので、救急車を呼んだんです。

救急車到着までものの10分かからず、来てすぐに救急車へ乗車。

わたしも病院の場所だけ教えてもらって自分の車で行きました。

ちょっとしたことはホームページの方へ書き込んであります。

裏技的なことも書いてあるので気になったら見てください。

見たくない人はスルーしてそのまま下へ読み流してください。

悪魔の裏技大辞典「子供の発熱時に実践する熱を下げるための裏ワザ


わたしが病院へついた時にはとっくに救急車は着いていて、診察を受けていました。

結果は、子供が変に気持ち悪いとか無い限り大丈夫だろうと言うことでした。

解熱剤だけもらって帰ってきたくらいですからね。



それにしても子供の体力とは物凄いですね。

遊んでいる時からまったく変わらなかったのですから。

子供にとって遊びがいちばん大事なんだと実感しました。



おしまい。
タグ:子供 発熱
posted by Mr.T at 10:10 | Comment(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: