スポンサードリンク

2017年12月22日

真実を求めて真実の裏にあるものも知りたいという欲望。

いろんな情報が氾濫している今日この頃です。

しかし本当の意味でリアルで真実な情報ってあるのでしょうか。

例えばNHKのニュースに関してディスり意見がかなり見受けられるように思えます。

その背景には必ずディスり意見の引き金になった「何か」があったはずなんです。

それがNHKのニュースだから正しいだろうという常識の刷り込みによって正しいと判断してしまう。

ディスり意見も一定数いておかしいわけではない。

それが普通の人の普通の意見だと思います。



ただ、このことを1段掘り下げてみればわからないことが見えてきます。

NHKは本来、どこにも属さず、民間からの契約料のみで番組を制作しています。

スポンサーは国民なわけですから、国民の意向に沿った真実を伝え続けなければならないはずですね。

ディスり意見が一定数あるのは確かに普通ですが、あまりにも強すぎるディスりに関しては調べる必要があるのではないでしょうか。

ディスりに値する報道しかしていない、というようなね。

この時点で半段掘り下げただけでも疑問は出てきたでしょう。

1段掘り下げたらどうなるか。

恐ろしいことがわかってきそうです。




とまぁ、このカテゴリ「裏と表」では真実を見ればその裏が見えてくるような考察をしていきます。

そのわりにはまだ記事が少ないですね(^_^;)

そのあたりは突っ込まないでください。

少し考えていることは北のことがあります。

今後、北はどういう行動を取るのでしょう。

物資供給が滞っている現状、北は何ができるのか。

たったこれだけのことだけど、一つのことを深く深く突き詰めていったとき、今ある情報は矛盾が生じ、その矛盾を考察することで真実が見えてくると思っています。


多分日本人はこのことがあまり好きではないのでしょうね。

なぜなら、現状を甘く見ているからです。

そのことは今後、このカテゴリ内で語っていこうと思います。




そういうふうに思えるのは、そういう時間が年末になってできるようになったからでもありますので、年明けからは忙しくなればそんなこと考える暇もないでしょう。

本当はこういうことを突き詰めて真実を見たいだけなんですけどね。
posted by Mr.T at 12:28 | Comment(0) | 裏と表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: