スポンサードリンク

2018年12月21日

悩める幸せ

こんにちは、哲学大好きランプです。

皆さんは悩みごとありますか?

わたしはたくさんあります。

上げればキリがないので一切を割愛しますが、とにかく悩みだらけで悩んでいられないほどです。



しかし、こういう記事にしたということは意味があって記事にしているんですよ。



例えば、悩みが一切なく順調すぎてしまったらどうしますか?

悩まないで淡々と物事が進むんですよ。

わたしなら退屈で仕方ありませんよ。

悩まないで済むのは楽かもしれませんが、頭を使わなくなるのですから。

考えなくて済むとも言い換えられますね。

考えなくて済む...。

これが良い響きに聞こえてしまった人は気をつけましょう。

考えなくて済むのなら当人は不要ということです。

考える必要があるなら当人は必要ということです。

考えを巡らせることが出来るということは、無駄を考えるということでもあります。

一つのことを考えるのであれば、それはすでに出来ている答えをなぞっているだけです。

いくつもの無駄を考えるから新しいアイディアが出てくるわけですからね。

悩み、考えるということは楽しいことなんですよ。わたしにとってはね〜。



この世に不要なものなんてありません。

無駄だと思うことも無駄ではないということを知らなければなりませんし、不要だと思うことにも意味があります。

ひとつの考え方しか出来ない人には不要なものは不要でしかなく、無駄なものは無駄なんです。

考え方を多角的に変えていくと不要なものはなく無駄なものはなくなり、新しく不満も出てきて面倒なことにも直面します。

そこにたどり着くと、更に考えることが必要になり悩むことが必要になります。

悩みがなくなれば幸せだという人がいますが、わたしに言わせれば悩みがなくなれば不幸なんですよ。

考える力があるから楽しみも探せるわけで、それをしなくなれば不幸でしょ?



AIという人工知能さんが人の生活に入り込んできています。

彼らは人が思いもよらない答えを持っています。

人が集められない膨大な情報を得ていることから導き出す答えです。

AIという人工知能さんが人の代わりに考えてくれる世界になったらどうでしょう。

考えなくなる人は増え、幸せだと感じると思われていた状況が、実は不幸の始まりで、人工知能が地球に人が不要だと思えば人を排除し始める。

そんなところかな。

楽を覚えるのは仕方ないのですが、楽による自身が不要になってしまっては本末転倒です。

人がしなければならないことを人工知能さんに任せてしまっては、人の存在理由が無くなります。

そんな時代になった時には、すでに人は考える力が無くなってしまうんでしょうね。

可哀想に。



わたしは無駄という悩みが大好きです。

楽しいからに他ならず、悩んでいる最中が楽しいんですから。



おしまい。
posted by Mr.T at 01:11 | Comment(0) | 裏と表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

昨日のやりすぎ都市伝説について

みなさんも興味ある人は観ていると思います。

やりすぎ都市伝説。

特に関さんのお話が一番興味深いんじゃないでしょうか。




そこでわたしは腑に落ちない話があります。

体に埋め込むマイクロチップの事です。

近い将来、テレビでの関さんが言うように、殆どの人がマイクロチップを入れることになると思います。

マイクロチップを入れる意味というか、現物のお金というものがなくなり体内でお金を管理するからマイクロチップを入れる必要があるというところです。

これって、便利であれば便利であるほど何もしなくてもそうなることじゃないですか。

それをわざわざ、技ということの程でもないと思うんです。

逆に考えれば、それを言わなければ本来の目的を言わざるを得なくなるということかと感じたんです。

わかりやすく言えば、関さんは何かを隠しているということです。

まだ公表できない何かがあって、関さんもそれを言えないから内容をお金とすり替えて説明しているのかと思いました。

その後の地球外知的生命体の記憶を取り入れるとも言っていました。

今後の氷河期という時期が来るまでにしなければならないことが後ろへ倒せないことから、急激に色んな情報が出始めた感はありますが、本当に氷河期になった場合、生き残る人類は一体何人いることになるのか。

マイクロチップはそのためのマイクロチップというのが本来の目的のような気もします。

地球外知的生命体の記憶の取り込み以上の秘密というのなら、そのくらいしか思いつかないからです。

関さんもそこまで話すことができないから、話途中なのかもしれませんね。



それと地球外知的生命体の記憶を取り込むことで、もう一つ米國がチカラをつけることは間違いありません。

テレビで発表したということは、すでにその技術はあるということかもしれないし、すでに地球外知的生命体の記憶は取り込まれているのかもしれませんね。



テレビではすべてを話していないということですよ。



このカテゴリでは現状から本当の真実を見抜くことを目的としています。

真実が知りたいが調べることができない事例があれば気軽にご連絡ください。

調べられるところまで調べることもしようと思います。


悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。
こちらもご覧ください。


Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。
posted by Mr.T at 17:43 | Comment(0) | 裏と表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows on Linuxを考える。

ちょっと前にマイクロソフトからWindows on Linuxが発表されましたね。

どういうものかというと、詳しく記事を読んでいるわけではないので間違っているところもあるとは思いますが、概ね以下のの通りだと思います。

Windows上でLinuxコンソールの利用ができる。

単純にLinuxをWindowsで動かせるというものではないので、完全にサーバー向けサービスとなっていそうです。



ではなぜ、今頃になってWindowsのなかにLinuxを取り込むような動きがあるのかというと、純粋にLinuxサーバーの安定度です。

Windowsサーバーでは安定度の点で言えばLinuxサーバーに遠く及びません。

それで各法人にサーバー向けにWindowsを使いながらLinuxを利用できるのでサーバーに利用できますよって言う意味が込められているように感じます。



Windowsはディスクトップでさえ裏でどんなプログラムが動いていて、どんなデーターをやり取りしているかがブラックボックス化しています。

サーバーでの利用となると、それこそ危険極まりない行為ということになりそうです。

それこそがWindows on Linuxをすすめる目的の一つなんだと思っています。

単純にサーバーも安定したLinuxをWindows上で使えるんだ!というものではないということですね。




そもそも穴だらけのWindowsシステムの中にあって、本来のLinuxの堅牢さを保てると思っているのでしょうか。

そんなことさえ知らない法人に使ってくださいと言っているようなものです。

多くの企業で情報の漏洩問題が騒がれていますでしょ。

殆どの場合、ヒューマンエラーから来ているものだとしても、その一部はWindowsという穴だらけのOSを使った結果もあるんです。





こんなことはマイクロソフトからは言えませんよね。

数多くのデータを利用して、より良いOSを作ることにつながるのでしょうけど、素から安全設計のOSを作ってもらいたいものです。

そうしたら今よりも軽量なOSになるはずですから。

おしまい。




悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。
こちらもご覧ください。



Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。
posted by Mr.T at 11:20 | Comment(0) | 裏と表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。