スポンサードリンク

2020年07月06日

NTT の対応の悪さは最悪でしょう

こんばんはモバイル大好きスタンプです

ソフトバンク Air を使っていたんですが、 ちょうど2年経って切り替えができるタイミングになったので SoftBank 光を 申し込みに行きました。

近くのヨドバシカメラで申し込んだのですが、 言葉巧みにあれよあれよとお申し込みを進めさせられ、
本当はニューロ光を申し込もうと思ったんだけど SoftBank 光にしました。

私の家では固定電話がないので光を申し込むのに1度工事をしなければなりません。

前に住んでいた人は一度工事していたので 普通に使えるよということだったのですが、 リフォームした時にモジュラージャックの頭を切り飛ばしたまんまにしてあったので結局工事が必要になりました。

SoftBank 光は NTT の回線を借りているらしく、 工事自体は NTT が来てくれるそうです。

そこで工事のスケジュールを決めるために電話をしました。

話をしながら工事のスケジュールを決める段階になり、 その間15分ぐらい電話を切らずにお待ちくださいと言われました。

普通に考えて15分も電話で待たせるなんて失礼極まりない対応だと思います。

私も時間がなかったので時間がないと伝えたら、 時間がある時にかけ直してくれと言われました。

普通ならスケジュールが決まったら折り返し電話をしますというのは普通の対応じゃないかと思うのです。


結局お役所仕事がメインになるのかと思うとそれが普通なのかもしれませんね。

電話の相手をしてくれたオペレーターさんも声を荒げて 対応してくれたわけですか、 電話のオペレーターさんが声を荒げるのもどうかと思います。

とりあえず申請は完了したので一段落落ち着きました。



おしまい。


Youtubeメインチャンネルです。わたしの私生活を垣間見れるチャンネルを開設していますので、よろしければ登録をおねがいします。

YoutubeのCG動画チャンネルも、是非チャンネル登録をお願いします。

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。
posted by Mr.T at 22:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

Android タブレットで 音声入力

こんばんは、モバイル大好きランプです。
前の記事で Chromebook で音声入力をした時の快適さを紹介しました。

とても快適に Chromebook では音声入力ができます。

だから、 あえて Android タブレットで音声入力をしています。

 もっさりとしている理由は wi-fi 環境かなと思いました。

 いつもはテザリングで音声入力をしていたからです。

今回は wi-fi 環境でしっかりと高速安定している環境なので、 Chromebook と遜色ない入力を期待しました。

ここまで書いてきて、 やはり少しもっさりしているという気はします。

 それでも時間があって、ゆっくりできる環境であればこのもっさりもあまり気にはならないレベルです。

 Chromebook とは比べ物にはなりませんが 、それなりにはやはり使える代物だと思います。




あと、 Chromebook と Android で違うところがあります。

ブラウザの表示です。

Chromebook ではパソコンと同じフルサイズのホームページが見れます。

 Android といえばスマートフォンと同じ環境のホームページが見られます。

だから私は Chromebook を サブ機として使っていくのが良いと思っていたのですが、 Android に入れてあるブラウザを Firefox にしたらそれが解消されました。

例えば、 YouTube のホームページをフルサイズのブラウザで見ようと思った場合、 標準のブラウザでは アプリに飛んでしまいます。

 Android の Firefox ではそれがフルブラウザで見ることができました。

やれることは完全にパソコンのブラウザで見たホームページと同じです。

 これができてしまったら、 Chromebook の存在意義が少し薄れてきたように感じました。

それでも警戒感という意味合いではやはり Chromebook の方が上に感じます。

 文字の入力ひとつとっても、まだまだ Android は Android のままなんだなと思いました。


おしまい。

posted by Mr.T at 19:19 | Comment(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chromebook で音声入力の快適さを伝えたい。

今日は雑談大好きランプです。

今回は動画を撮りながらChromebook での音声入力がいかに快適かというのを伝えるために動画にしています。

ブログではその動画で撮っている内容をそのまんま文字にしています。






何度か Android タブレットでブログを書いていますが、ここまで快適に変換がうまくいくというのはほとんどありません。

Chromebook を買って音声入力を始めて、ここまで精度が高いとは思いませんでした。

以前持っていた Chromebook でも音声入力はできましたが、スペックの低さからか精度は高かったのですがスピードははっきり言って遅かったです。

初期の頃のクロン服ですからね。

それと比べてしまうとかわいそうなものだと思うんですけども、ついつい比べてしまうんですよ。



さすがに写真なんかを挿入する時には機能を使って入れるので音声入力をする必要はありません。

通常の写真挿入、こっから写真を取ってくればいいだけです。

動画の挿入も YouTube から直接タグを引っ張り出してきますのでそれも通常のやり方と変わりません。

Chromebook じゃなくても同じような手順でやって行くはずです。

こと音声入力に関しては Chromebook はずば抜けていると思っています。

iOS での音声入力もやってましたが、あっちは音声の変換精度が若干心もとないなという感じでした。

今やっている Chromebook での音声入力をしてしまうと、iOS の音声入力がおもちゃのように感じるから不思議です。

でも iOS の音声入力のいいところもあります。

句読点と丸がそのまま音声から入力することができるからです。

そこまでいってしまうと音声の変換に粗が出るから、もしかしたら Google はやらないのかもしれません。




動画を見ていただければ分かると思いますが、この音声を発した後の音声の入力のすばやさってのが相当早いというのが分かります。

これははっきり言って Android の音声入力で満足してた人からしてもびっくりするぐらいの速さだと思います。

ブログを書くならもう Chromebook 一択と言ってもいいほどではないでしょうか。


ただ、スタバとかでどうやって文字を書いている人にしてみれば音声入力は邪道と言われるかもしれませんね。

それでも私は手を抜いて簡単にお手軽に書いていけるこの音声入力は最高だと思っています。






逆に考えると音声入力がここまで正確に入力ができるということを知らないのかもしれませんね。

文字の入力にキーボードが必要だというのは、もう一昔前の話になってきているんじゃないかと思っています。

今後はいろんなところにマイクがあっていろんなデバイスで入力ができるような感じになるんじゃないかなと思うんですけどね。

そう考えると入力はパソコンである必要がないだろうし、パソコンの前に座って家で編集をする必要もないのかなという気がします。

パソコン自体は生産性のあるものを作るのには必要だと思うので残るでしょうけれども、音声入力をしてブログを書くこと何ていうのはパソコンである必要はもうないでしょうね。


これだけの音声入力の精度を持った Chromebook の音声入力は、今後いろんなところで役に立つんじゃないかと思います。




おしまい。



Youtubeメインチャンネルです。わたしの私生活を垣間見れるチャンネルを開設していますので、よろしければ登録をおねがいします。

YoutubeのCG動画チャンネルも、是非チャンネル登録をお願いします。

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。





このブログで書いた動画は後日アップしますので、このブログのこの記事に追加で載せておきます。
posted by Mr.T at 16:20 | Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする